« クアオルト構想と湯布院病院の流水プール | トップページ | 観光地のコストを外部化する »

2017年2月20日

湯無田高原を湯布院の財産にする

 県が市に譲渡した「青年の家」は「ゆふの丘プラザ」として別府大学が指定管理している。
今年
3月の更新でもう止めるらしい。

社会教育課長に聞くと「来年度どうするか、アイデアない?」と逆に聞かれちゃった 

湯布院に帰郷したばかりで役場に行った時、当時の総合政策課で下水道のことを聞かれたのを思い出したsmile

 たまたま開催されていた環境フォーラムに参加したからだろう。

関心を持ってるとわかったら、一介の住民でも気軽に話しかけてくれるから、20年前の湯布院は元気だったのよ
lovely 

え? 今
sign02 
私から由布市への一方通行down


 前回の指定管理更新前、当時の社会教育課長さんにずいぶん話して「ほんとにできるならいいアイデアだね」と認めてくれた。

でも、結局前回と同じで、公募はするけどいつもの別府大学despair
それで、4年が過ぎた。

やっと、もと県立青年の家が湯布院に戻ってくる。

湯無田高原で湯布院活性化のチャンスじゃないのsign03

2019年、ワールドラグビーが大分市でも開催される。
ラグビー人気がでて隣のラグビー場を活かせるといいな。

« クアオルト構想と湯布院病院の流水プール | トップページ | 観光地のコストを外部化する »

官民協働」カテゴリの記事

知恵と工夫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1574913/69718931

この記事へのトラックバック一覧です: 湯無田高原を湯布院の財産にする:

« クアオルト構想と湯布院病院の流水プール | トップページ | 観光地のコストを外部化する »