« 『意思決定過程の記録』 を残そう | トップページ | プール再開の暁には、病院とは別の名前で宣伝しよう »

2017年4月11日

プール再開には、まず市長の意思表明

3/22「何十億円もかかるスポーツ施設が、たった2000万円/年!」の続き                

最近、子どもの頃の生活習慣が将来の成人病につながることが疫学的にも証明されてきているsign01
 肥満傾向の子どもの健康管理にも、小児ぜんそくにも、プールは効果が高い
lovely
担当は、子育て支援課教育委員会

 湯布院病院のプールを再開できたら、2コースは床板を沈めてほしい。
子どもはもちろん、大人でも体格や体調に合わせて使える。

リハビリ施設なら、健康増進課保険課福祉課
働き盛りや若者向けのスポーツジム
も兼ねるなら、スポーツ振興課も担当課。
市の公共施設と考えるなら、
公共施設総合管理計画が絡むから、契約管理課
市外の利用呼びかけや
湯治プラン絡みなら、商工観光課
プールに通うための交通
は、総合政策課
再開のための
財源確保市財政・市民サービスへの効果を評価するのは総務課

初年度は無理でも、3年もすれば、効果が費用を上回りそうnote
市財政に直接反映されない効果は計り知れない

 3/23 「温泉流水プールの復活で、湯治プランに強力な助っ人」           

 湯布院病院を訪ねて聞いてみた。
今は医者のコメントは不要で誰でも利用できるんだって
up
やっぱり、「流水プール閉鎖前に、体験利用してみよう!」だよ
scissors (3/25投稿)



 『温泉館とは全く違う』ことを体験するのは、閉鎖してからでは無理
sweat01
市が回数券を買って全職員に配って、
5月末の閉鎖までに体験に行くように呼びかけて欲しい。
 声かけだけじゃなかなか行かないけど、回数券を渡されれば無視もしにくいだろう
smile
自治会や団体の役員の皆さんにも配ってほしい。

 その上で、来年度予算を立てる
12月に間に合うよう、プール再開のための協議を始めてほしいhappy01
 環境省の湯治プランに応募して選ばれれば、その補助金(3年間)も使える。

 まず、「民営化せず機構に残った条件である『地域医療に貢献する』を今こそ実行したい」と、市民の代表である市長が意向を表明し、具体化のための連携と再開までの施設保存を病院・機構にお願いすることだ。

« 『意思決定過程の記録』 を残そう | トップページ | プール再開の暁には、病院とは別の名前で宣伝しよう »

健康寿命」カテゴリの記事

地方自治」カテゴリの記事

学び・共育」カテゴリの記事

提案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1574913/70264931

この記事へのトラックバック一覧です: プール再開には、まず市長の意思表明:

« 『意思決定過程の記録』 を残そう | トップページ | プール再開の暁には、病院とは別の名前で宣伝しよう »