« 硬直した縦割りでなく、柔軟で臨機応変の市役所に | トップページ | 全国『水道危険度』ランキング ワースト191位 »

2017年7月25日

テレワーク・デイって何だ?

昨日、724日は「テレワーク・デイ」
2020東京オリンピックの開会式の日。
交通機関や道路が混雑する始業から
10時半までの間、登録した企業・団体が一斉にテレワークするんだって。 
都会の通勤は時間とエネルギーを使うからね。

首都圏の話かと思ったら、全国区。
主導は総務省。
市や県の名前もある。

由布市でテレワークの陳情をしたのは、一昨年3月議会。
もちろん不採択
sad

  地域コミュニティ事業とあわせて、テレワークを始めましょう♪ 


私が進めて欲しいテレワークは、在宅勤務じゃなくてサテライトオフイス勤務。
プラス、モバイルワーク。

 課ごとに週3回半日程度のコアタイムを決めて情報共有しておく。

あとは、その日その時の仕事に合わせて、本庁舎でも振興局でも、自宅から直行直帰。

住民のお宅や関連団体など、訪問先ではモバイルワーク。

移動を節約した時間は、地域の情報収集にあてる
scissors

 何年も前だけど、塚原の方が言ってた。

公民館に、週に何日かでいいので、職員が来てほしい。
自治委員が見るには広すぎる。
地理的に外れだと市役所の情報もなかなか届かない
」って。

地区公民館もサテライトオフイスにして、
子育てや高齢者福祉や税務や農政や、いろんな職員がかわりばんこに来てくれたら、
地域住民と向き合って話せて、暮らしの現場を直接感じることができる。

 そういう基礎があれば、地域の事情に合った行政サービスができる
happy01
住民も職員も満足度はうんと高くなる
lovely

地域活性化&定住促進のための重要な施策
scissors

« 硬直した縦割りでなく、柔軟で臨機応変の市役所に | トップページ | 全国『水道危険度』ランキング ワースト191位 »

地域コミュニティ」カテゴリの記事

地方自治」カテゴリの記事

提案」カテゴリの記事

気になる言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1574913/71242357

この記事へのトラックバック一覧です: テレワーク・デイって何だ?:

« 硬直した縦割りでなく、柔軟で臨機応変の市役所に | トップページ | 全国『水道危険度』ランキング ワースト191位 »