« 協同組合方式で、自家用有償運送 | トップページ |  「もっと便利なコミュニティバスを考える会」発足♪ »

2017年9月28日

知らなければ要望にならない。情報弱者に寄りそってほしい

4年前、こんなことを書いた。

2013/6/28  送迎型で、民間タクシー利用者は減るか?増えるか?


冒頭の「昨日の続き」を先に読んでください。

201/6/26  龍原コース送迎型実験から、わかること。知りたいこと。

 ジャンボタクシーが走っているコースは、デマンドに切り替えれば送迎ができる。
でもバスのコースはそうはいかない。

だから、住民の共助による有償運送とユーバスとの乗り継ぎ♪

 私のユーバス改善提案は、当面、片道に千円札では足りない地域を想定している。

 塚原や阿蘇野は片道2~3千円かかる。
普段の通院買い物は公共交通に合わせて出かけ、タクシー代は急用のために残しておきたいと誰もが思うだろう。

 バス停まで自力で行かないと乗れないユーバスはどう考えても不公平だ。

 それを補完する運行方法があるが、市民、高齢者は知らなくて当たり前。

それなのに「要望が無い」とスルーする由布市はずるいと思う。

« 協同組合方式で、自家用有償運送 | トップページ |  「もっと便利なコミュニティバスを考える会」発足♪ »

コミュニティバス」カテゴリの記事

地方自治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1574913/71832569

この記事へのトラックバック一覧です: 知らなければ要望にならない。情報弱者に寄りそってほしい:

« 協同組合方式で、自家用有償運送 | トップページ |  「もっと便利なコミュニティバスを考える会」発足♪ »