« 地域再生エリアマネジメント負担金で公衆トイレ♪ | トップページ | 住民の暮らしがよくなる政策をどんどんパクる柔軟さ »

2018年7月28日

公衆トイレの費用を負担する仕組みを考えよう

 7/25の続き  
 地域再生エリアマネジメント負担金で公衆トイレ♪
             

 昨年2月、議会だよりで「湯の坪・岳本にトイレを計画中」と知り、ここでリンクした『100円要るけど、広くてきれいで使い勝手のよいトイレ』のことを市に紹介した。

メールには、以下を付け加えた。

100円は切りが良いからなだけです。
トイレ利用券をいくらで販売するかは、市と観光・旅館組合が決めればいいことです。
昼間はボランティアがいるのだから、明らかに地元の人や子どもたちは通してあげたらいい
」と

 メールから2日後、こんなことを書いた。

2017/2/22  観光地のコストを外部化する                

湯の坪界隈のある観光施設が、ホームページにこんなことを載せている。
 私は、この考えに賛成♪
 
 
みんなが納得できて適正・公正・透明な費用負担の仕組みを考えませんか?

「トイレの利用について」

公衆トイレの少ないのが湯布院町全体の問題点であるため、ご来場頂いた方全員にトイレをご利用して頂きたいところではありますが、当施設は旧道路公団の保養所施設をベースに再構築されているため、一日100人程度のご利用が浄化槽の限界となります。

無料開放するとトイレのみご利用のお客様によってすぐに浄化槽がパンクするのと、私企業として維持管理に限界がありますので原則有料(100)とさせて頂いております。

ただし、当施設でお買い物をされた客様はレシート提示により無料でお使い頂けますし、これからお買い物予定のお客様には施設内店舗全てで使える商品券をご購入頂く事でトイレの無料化を計っております。

当施設のトイレは公衆トイレでは有りません。

この地おいては貴重なトイレ開放を継続する為にも、ご理解とご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

« 地域再生エリアマネジメント負担金で公衆トイレ♪ | トップページ | 住民の暮らしがよくなる政策をどんどんパクる柔軟さ »

地域でお金をまわす」カテゴリの記事

知恵と工夫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1574913/73955190

この記事へのトラックバック一覧です: 公衆トイレの費用を負担する仕組みを考えよう:

« 地域再生エリアマネジメント負担金で公衆トイレ♪ | トップページ | 住民の暮らしがよくなる政策をどんどんパクる柔軟さ »