« 市営バスの費用対効果は、誰が知っているの? | トップページ | 由布市の目標は収支率20%。値上げせずに達成するには?  »

2019年3月30日

由布市はとっくにユーバスの抜本的見直しを宣言していた

2か月も投稿できてない❗ 
ユーバスと小学校送迎の委託は、年度途中の実験運行を織り込んだ内容で契約をしてもらわねば、と市に働きかけてたから。
 
由布市は、『いったん結んだ契約は年度途中で変えられない』主義だから、ここで頑張らなきゃまた1年を棒に振る

実は、最近、うかつにも大事なことを見過ごしていたことに気づいた。
それは、3年以上前に由布市自ら、新交通モード・有償自家用運送を導入を掲げていたこと! 

  第二次由布市総合計画(平成28年度~)はこちら

  前期5年間の公共交通政策はこちら (PDFの10~11枚目)

これは、由布市自ら『すべての路線で業者頼りの定時定路線をやめます』と言ってるようなものだ。
だから、発表当時は「どうせ、コンサルが持ってきた資料をそのまま使ったんだろうな」くらいに思って見過ごしてしまったのだろう。

(案)の公表はH27年12月。
4年前には、由布市は大まじめで、話し合って決めたことになる。
だから、ここ2ヵ月、そのことを訴えてきた。
うるさがられてるだろうな~とわかってて、電話やメールを繰り返すことができた。
ほんと、うかつだったなぁ……と反省💦

 

« 市営バスの費用対効果は、誰が知っているの? | トップページ | 由布市の目標は収支率20%。値上げせずに達成するには?  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 市営バスの費用対効果は、誰が知っているの? | トップページ | 由布市の目標は収支率20%。値上げせずに達成するには?  »