« 総合計画は由布市政の要。ちゃんと実行しましょう | トップページ | 由布市は、自ら児童を自家用運送している。 »

2019年4月 7日

有償自家用にしたら、経費は4分の1に!!

湯平小が統廃合されたのは3年前。
その時から、「車庫を湯布院に」「どのくらい費用が違うか試算して」とお願いしている。
でも、どうやら、まだやってないみたい。

何のためかといえば、めっちゃコスト高の亀の井バス委託を、
市営交通空白輸送(有償自家用運送)に切り替える実験のため。

そして、節約した費用で、湯平校区の生活移動を便利にするため

試しに、湯布院⇔庄内のシャトルコースで試算してみた。
なんと!
4分の1ほどに経費圧縮も可能だ。

試算はこちら。
(今、ココログがリニューアル中でPDFを表示できません)

朝昼2往復で、毎月74万円かかっている。
これを湯小送迎車の経費で、湯布院⇔庄内の燃料代と人件費が68200円。
車両のリース代契約は走行距離にかかわらず定額だったと記憶しているので、まあ、7万円として×昼夜で、月14万円。

しかし、水曜日は小学校の下校時刻が早いので、昼は14人乗りが使えない。
そこで、湯布院振興局の9人乗りワゴン車やマイクロバスを使わねばならない。
その追加費用を月3万円、タイヤ・消耗部品・保険料などの追加を月1万円、とみて、合計で月18万円。
 74÷18=4.1 
 えぇ~!! 4分の1で済んじゃう! 

どっかで間違ってる?と心配になるほどの数字だ。
これでも、由布市は見直ししないんだろうか? 
市民(納税者)が知ったら、納得しないよ。

  2019/1/29  市営バスの費用対効果は、誰が知っているの?
  

 

« 総合計画は由布市政の要。ちゃんと実行しましょう | トップページ | 由布市は、自ら児童を自家用運送している。 »

コメント

以前より思っていたことですが、挟間町で運行しているコミュニティバスの北田代コースと片野コースをバス会社で運行し、下詰コースと酒野コースをタクシー会社で運行できないのでしょうか?

ゆふゆふさん、ご意見ありがとう。

5年くらい前、庄内・挾間のユーバスのコースを走ってみたことがあります。
どんな所か一度見てみよう、と考えてのこと。

でも、もう、はっきり思い出せません。

ご提案の方法は、今は何が不便なのか、変えたらどこが便利になるのか、私にもわかりません。
一番よくわかっているのは、地元の人です。

ゆふゆふさんから直接、市の総合政策課に言っていただくのがいいと思います。
匿名の手紙・FAXでも構わないです。
お仲間を誘ってだと、もっといいかも。

総合政策課は、課長も担当者も異動しました。
わからないからこそ、よく聞いてくれるかも。

スクールコースは、教育総務課。

それから、小学校の送迎車の空席に地域の高齢者が便乗することもできますよ♪ 

過疎地通学の交付金・補助金をうけていてもOK、と文科省が認めてます。

よろしくお願いします。
ともに、頑張りましょう♡

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 総合計画は由布市政の要。ちゃんと実行しましょう | トップページ | 由布市は、自ら児童を自家用運送している。 »