« 有償自家用にしたら、経費は4分の1に!! | トップページ | 高齢者の「通いの場」 実施主体の市にやってほしいこと »

2019年4月 8日

由布市は、自ら児童を自家用運送している。

昨日の続き
  2019/4/7 有償自家用にしたら、経費は4分の1に!!

この試算は、湯小スクールの運行方法に拠っているが、
私はこの方法でコミュニティバスの改善を進めていきたいとは思っていない。

それでも『1/4』は刺激的。
市民・納税者の関心を引き付けることができる。

市長は万が一のためにプロに……」と言って、亀の井バスの言いなりの高い価格で委託を続けている。
その一方で、シルバー人材センターの派遣運転手に公用車を運転させて、未来を担う湯平の児童を送迎している。
昨年度まで、阿蘇野小では、個人と委託契約して児童を送迎していた。

なんか、矛盾してない?
辻褄が合わないじゃん?

白ナンバー公用車を個人に運転させて児童を送迎してるんだから、地域住民を自家用運送できないはずがない。
第2次総合計画でも、目標に掲げている。
4年も経つのに、自ら検討もしてないのはなぜ?

私が市に提案しているのは、「一般路線赤字補助を引きずった今の4条運行をやめて、78条にして、市の車を市民が運転して、実際にかかる費用でバス・タクシー業者に委託しよう」というもの。
だから、「万が一のためにプロに……」はきっちり守れている。

適正な業者委託なら、湯布院⇔庄内のシャトルの場合、感触だけど3分の1くらいになるのでは?
それだけ今が割高ってこと。
別の試算もしてみなくちゃね。

 

« 有償自家用にしたら、経費は4分の1に!! | トップページ | 高齢者の「通いの場」 実施主体の市にやってほしいこと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 有償自家用にしたら、経費は4分の1に!! | トップページ | 高齢者の「通いの場」 実施主体の市にやってほしいこと »