« 高齢者の「通いの場」 実施主体の市にやってほしいこと | トップページ | 「通いの場」は夕方。下校する子どもたちと一緒に♡ »

2019年6月30日

自家用有償運送で、通いの場に集まろう♪

昨日の続き
   6/29  高齢者の「通いの場」 実施主体の市にやってほしいこと 

 「徒歩圏の公民館などで……」って気安く言うのは、霞が関のお役人(首都圏)だから?
由布市なんかだと、地区公民館に歩いて行ける高齢者がどれだけいるの?
湯布院の盆地の中だって、そう多くはいないはずだ。
 そこで、自家用有償運送の出番🎵
 

   2019/3/30 由布市はとっくにユーバスの抜本的見直しを宣言していた 

 今年、6月議会に「もっと便利なコミュニティバスを考える会」で、第2次総合計画の早期実現を陳情した。
谷個人も、シャトル朝便を自家用有償で」と陳情した。
 昨年3月議会でも3件陳情して趣旨採択されてたんだけど、川西でデマンド実験する」と決まった(具体化はこれから)ほかは、進んでいないからだ。
 審査結果にはどんなコメントが書かれるだろう?

「市営交通空白輸送は、幹線は小型マイクロバスをバスかタクシー業者に委託。
枝線と地区内移動は、市が中古の普通車・ワゴン車や余裕の公用車を提供して、各地区に運営を委託する」という方法を提案したい。

 適正な受益者負担は必要だし、運転手はボランティアでも、せめて有償で。
1乗車100円程度なら無償運送でも着手できるけど、誰しも『万が一…』が気になる。
全国では住民ボランティアの運転でも事故例は無いのだけど、皆、気持ちは同じ。
『市が運営主体で、地区住民による団体に委託』なら、安心感がずいぶん違う💕

 

« 高齢者の「通いの場」 実施主体の市にやってほしいこと | トップページ | 「通いの場」は夕方。下校する子どもたちと一緒に♡ »

気になる言葉」カテゴリの記事

コミュニティバス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高齢者の「通いの場」 実施主体の市にやってほしいこと | トップページ | 「通いの場」は夕方。下校する子どもたちと一緒に♡ »