« ユーバスを便利にして、タクシー需要を増やそう♪ | トップページ | 重点戦略プランを立てた当時の担当課長は、今の市長 »

2019年7月28日

乗合路線バスの運転手不足は深刻 由布市も協力を♡

知り合いから、『銀河鉄道』ってバス会社を知っているか?」と聞かれた。
「バスの運転手になりたい」という子どもの頃の夢をあきらめなかった社長が設立した、東京都東村山市の小さなバス会社だって。
さっそくHPを探した。

乗合路線バスは2コース。
自治体の補助は受けていないので、採算割れさせないだけで精一杯。
貸切事業の利益で会社を維持しているそうだ。

「銀河鉄道が大切にしていること」のページが嬉しい。
ぜひ、ご覧ください。

ところで、4/9のNHKクローズアップ現代プラスは、「ドル箱路線が次々と~都市の路線バス減便の衝撃」

この番組に出てくる「山本さん」が、「銀河鉄道バス」の社長。 
運転手が足りない時は、今でも社長自らハンドルを握るんだって。

バス業界の運転手不足の原因は、仕事内容と待遇が見合わないこと。
IT化、路線再編、値上げなども、追いつかないらしい。

番組から引用
(アナウンサー)
「……そもそも、この路線バス、利益が775円。なぜ、こんなにもうからないんですか?」

(銀河鉄道バス 山本社長)
「人がいてもいなくても、この時間はバスを走らせなければいけないので、その経費は当然かかってくるし。

運転手さんも1人で済まないから1日、数人いなければいけない。
時間帯も、朝早くから遅くまでというと早朝、深夜の割り増しも出てきますし。
そういったところでは、すごく経費はかかってきます。」
                    (引用おわり)

じゃあ、湯布院のユーバスを受託している亀の井バスも同じだね。
だったら、平日昼間のぱらぱらしか客が居なくて回送も多いユーバスは、亀の井バスの一般路線から切り離して別の運行方法にすれば?

ユーバスの分の運転手さんには、別府の一般乗合路線を運転してもらえるじゃない?

 

« ユーバスを便利にして、タクシー需要を増やそう♪ | トップページ | 重点戦略プランを立てた当時の担当課長は、今の市長 »

気になる言葉」カテゴリの記事

コミュニティバス」カテゴリの記事

知恵と工夫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ユーバスを便利にして、タクシー需要を増やそう♪ | トップページ | 重点戦略プランを立てた当時の担当課長は、今の市長 »