« 学校の長寿命化計画と、小学校統廃合 | トップページ | 「公共交通専管職員の配置」に代えて「官民協働の仕組み」を »

2019年7月17日

高齢者が外出しないリスク

 移動支援を調べてて、こんな記事を発見。
「外出しないと歩行障害4倍 高齢者のリスク調査」(2008/12/2 朝日新聞)

10年ほど前、地方独立行政法人東京都健康長寿医療センターの調査。
ほとんど出かけない高齢者は、毎日出かける人に比べて歩行が不自由になるリスクが4倍、認知機能低下が3.5倍なんだそう。
  概略はこちらのP1~2

昨年7月、同センターはこんな発表もしていた。
「高齢期の社会的孤立と閉じこもり傾向による死亡リスク 約2倍」  
  概略はこちら

都会と違って過疎地では、外出しても徒歩圏では顔ぶれが限られる。
今は、かけ放題の電話やLINEもあるけど、やっぱり時々は違う人にもナマで会いたいよね。

自助努力が先なのはわかるけど、タクシー代が厳しくてバス停まで歩けないなら、閉じこもり傾向は避けられない

それで、由布市の高齢者の外出支援の現実はこんな感じ……。

   2019/7/3 65歳以上の市民で、ユーバスで外出するのは7%

 

« 学校の長寿命化計画と、小学校統廃合 | トップページ | 「公共交通専管職員の配置」に代えて「官民協働の仕組み」を »

地域医療・介護」カテゴリの記事

気になる言葉」カテゴリの記事

コミュニティバス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学校の長寿命化計画と、小学校統廃合 | トップページ | 「公共交通専管職員の配置」に代えて「官民協働の仕組み」を »