« 乗合路線バスの運転手不足は深刻 由布市も協力を♡ | トップページ | 当事者に便利でも、業者に不都合な見直しはしない?  »

2019年7月31日

重点戦略プランを立てた当時の担当課長は、今の市長

由布市の重点戦略プランの公共交通は、4年前の合併特例市としては、大したものだと感じている。
だから、パブコメ当時、どっかのコンサルが持ってきた資料を載せただけか……とか思って記憶に残していなかったようだ。
今頃やっと見つかって、返す返す残念! 

そこで、3/31の続き
 由布市の目標は収支率20%。値上げせずに達成するには? 


 H26・27年度、「第1次総合計画の検証・評価および第2次総合計画の策定」のための調査などを、由布市は九州大学に委託した。
 担当は総合政策課で、当時の課長が今の相馬市長。
4
 「第1次総合計画の検証・評価」で、「定時定路線が地域事情に合ってない」「自家用有償運送が適切」ということは、しっかりご承知のはずだ。

  27年度のバス担当職員に聞いたら、その流れで九大関係者のアドバイスで計画を作ったらしい。
 相馬氏は、2年目は総務課長に異動し、副市長を経て市長になって、もうすぐ丸2年。
 見直しはいっこうに進んでないんだけど……どうして?

« 乗合路線バスの運転手不足は深刻 由布市も協力を♡ | トップページ | 当事者に便利でも、業者に不都合な見直しはしない?  »

コミュニティバス」カテゴリの記事

地方自治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 乗合路線バスの運転手不足は深刻 由布市も協力を♡ | トップページ | 当事者に便利でも、業者に不都合な見直しはしない?  »