« 議会は進化する? 市民参加で政策立案能力アップ♪ | トップページ | 幼小スクール送迎車に高齢者も便乗 »

2019年7月23日

庄内に循環バスは? 地区から自家用有償運送で乗継

少ない金額でも、たくさんの人の人をまわって消費されたら「景気がいい」。大金でもタンス預金してたら「景気が悪い」
って、うまいことたとえたなぁ♪

今は市役所と業者が決めた定時定路線だから、硬直した運行。
住民も生徒も不便で、空気を運ぶだけ。 
運転も運営も住民が参加して知恵を使えば、同じ予算額でも、乗れる人が増えて運賃収入も増える。
……ちょっとたとえが違うかな?

 こないだ、庄内の時刻表の地図を眺めていて、気が付いた!
庄内こそ循環バスが向いているんじゃない?
 小野屋と庄内間を、旧210号と現210号を使って『8の字』に巡回するコースをつくっては?
 地図の青い線の部分

 湯布院は、病院・銀行・スーパーが集まっているが高齢者には徒歩はきつい。
庄内はもっと離れている。
ここを、20~30分間隔で巡回する。
利用者が増えれば15分間隔も可能。
駅舎や公民館などを待合所にする。

 4条一般乗り合いから市営有償自家用に変更して、シャトル(由布高スクール)と循環バスは大分バスに委託。
1乗車100円♪ 
大分バスの車両は低床小型化されているから、持ち込み車両契約しても可。 

 コミュニティコースは、市営自家用有償でタクシー会社に委託。
 予約制とし、周辺部は枝道送迎も可能にして、乗客を最寄りの医院などに送り、循環コースの部分は最後の利用者が降車した所で運行終了。
利用者は受診が済んだら循環バスに乗って銀行やスーパーへ。
最後は最寄りの待合所で、本を読んだりおしゃべりしながら、帰りを待つ。
 1回の外出でふたつみっつの用事ができる。
どうかしら? 
 

 

« 議会は進化する? 市民参加で政策立案能力アップ♪ | トップページ | 幼小スクール送迎車に高齢者も便乗 »

提案」カテゴリの記事

コミュニティバス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 議会は進化する? 市民参加で政策立案能力アップ♪ | トップページ | 幼小スクール送迎車に高齢者も便乗 »