« 「わたり」を続けた後遺症を治療しよう。 まずは類似団体並みに。 | トップページ | 設計・施工監理の『出来』が、建物の品質を決める »

2019年8月27日

公民館はユニバーサルデザイン。設計業者のセンスが問われる♡

 新築の庄内公民館が不評らしいと聞いていた。
そのひとつが「玄関の扉が(高齢者にとって)重いので、自動ドアにしてほしい」とかで、市が検討しているらしい。

 まだ現地に行ったことがないんだけど、どんなドアなのかな?

 社会教育課長に聞いたら、建設費・維持費の節約のため自動ドアにしなかったそうだ。
賢明な判断だと思う
今は、軽~いドアが開発・販売されているからね。
 

 そもそも、ドアが重くて困っている人を見かけた利用者が手伝ってあげればいいことだ。
自力で開けられない人にはピンポンしてもらって、事務室スタッフが手伝ってあげればいいじゃん?
それで業務に差しつかえるくらい頻繁に利用者が出入りしているとも思えないし……。
「何でもかんでも自動ドア」って思考はいただけない。

 ホントに高齢者・障がい者・子どもたちが重くて開けられないようなドアだとしたら、それは設計ミス(商品選択のミス)なんじゃない? 
 業者の責任でちゃんと対応してもらえばいい。

 
 早速、NET検索してみた。屋内用が多くて屋外用は少ない。
 某シャッター工業に電話してみたら「雨がかからない『ひさし』があれば…」、「現場に合わせて加工も…」とのこと。
それこそプロの役目じゃん♪

 公民館は、ユニバーサルデザインが最も必要な施設のひとつ。
開けられない人が多いんじゃ、設計業者として失格だ。

市民の税金で改修することない❗❗
そのための契約してるんでしょ 
顧問弁護士雇っているんでしょ? って思う。

 

« 「わたり」を続けた後遺症を治療しよう。 まずは類似団体並みに。 | トップページ | 設計・施工監理の『出来』が、建物の品質を決める »

提案」カテゴリの記事

気になる言葉」カテゴリの記事

地方自治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「わたり」を続けた後遺症を治療しよう。 まずは類似団体並みに。 | トップページ | 設計・施工監理の『出来』が、建物の品質を決める »