« 人と人の出会いが活気を生む。 毎年1億円を無駄にしないで。 | トップページ | 満足も不満も、住民の本音は、なかなか市役所に届かない。 »

2019年9月20日

「わからないから、一緒に勉強しよう」って言ってほしい♡

そろそろかと思って、6月議会に出した陳情の委員会審議の記録を請求した。
  陳情と結果はこちら
  2019/7/18 「公共交通専管職員の配置」に代えて「官民協働の仕組み」を

以下、議員と総合政策課長のやり取りを抜粋。

課長
「谷さんが言う自家用有償運送は、いろんな課題があって一概にはすぐできないという問題があって、その辺は今慎重に取り扱いながら、実際どうなのかを関係課等々と協議をしている状況で、実際には進んでいない……」

議員
「資料を一回見ても意味が分からない
「何が言いたいのかわからないし、情報だけ入れているだけの話で何をどうしたいかが全く見えない。話を聞いていてもわからない……」

課長
「……まだちょっと理解できていない部分があって、対応がなかなか。」
係・仕事がそれだけではないんで、なかなか(明確に文章で対応したいが)追いついていない……」

そう!
それで当たり前。

だから、第2次総合計画で「交通の専任職員を配置」なんでしょ?
わからないんだったら、どうして「一緒に勉強しましょう」って言ってくれないのかしら。
私なんか、かれこれ15年以上も「バス」を追いかけてきて、やっとこの程度なんだから。

担当者・担当課長が異動してきて「わからない」と、ただ時間が過ぎていいのかしら?
だから、関心ある住民&当事者の作業部会を提案してるんだけどな。

議員さんの周りには、バスが便利になれば嬉しい住民(有権者)はいないのかしら? 
追加予算無しでそれができるのに……。
興味ないのかなぁ⤵⤵

いろんな課題」って何かな?
関係課等々」って具体的に誰かな?
協議」ってどんな話かな?
作業部会で、官民が協力して、ひとつひとつ検討・解決していけるといいのにな……

 

 

« 人と人の出会いが活気を生む。 毎年1億円を無駄にしないで。 | トップページ | 満足も不満も、住民の本音は、なかなか市役所に届かない。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人と人の出会いが活気を生む。 毎年1億円を無駄にしないで。 | トップページ | 満足も不満も、住民の本音は、なかなか市役所に届かない。 »