« 満足も不満も、住民の本音は、なかなか市役所に届かない。 | トップページ | ユーバス運転手は本当にいないの? 回覧板で探してみよう♪ »

2019年9月22日

業者の言うなり? 業者に忖度? 住民の福祉より優先?

4年前に自ら決めてるのに「業者が反対するから難しい」というのが、自家用有償運送をやらない理由のひとつみたい。
 
 総合政策課は「業者委託するにしても、『田舎道をスイスイ走る実際の費用で委託したい』と言って、業者に断られたらどうするんだ?!」とおっしゃる。


 今のユーバスは、乗客ゼロでも決まった時間に決まったコースを走ってれば売り上げが保証される。

タクシーは距離制メーター料金、バスは業者の言い値の単価。
楽して儲かるんだもの。そりゃあ嫌がられるに決まっている。

 でも……。ホントに業者に聞いてみたのかな?
「断られるはず」と市が思ってるだけじゃないのかな?

 もしホントにそんな回答が返ってきていたのなら、その業者は、『公共交通を担うために道路運送法の許可をいただいて営業している』という公共交通事業者としての誇りを捨ててしまっているんじゃないかしら?

 もしも、そうだとしても、知恵を働かせて、誠意を尽くして、住民の利便が上がって業者も損をしない仕組みを提案して納得してもらうのが、行政の役割なんじゃないのかしら? 

 

« 満足も不満も、住民の本音は、なかなか市役所に届かない。 | トップページ | ユーバス運転手は本当にいないの? 回覧板で探してみよう♪ »

コミュニティバス」カテゴリの記事

地方自治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 満足も不満も、住民の本音は、なかなか市役所に届かない。 | トップページ | ユーバス運転手は本当にいないの? 回覧板で探してみよう♪ »