« 公民館はユニバーサルデザイン。設計業者のセンスが問われる♡ | トップページ | 契約書の瑕疵担保責任、公共建築の場合は? »

2019年9月 1日

設計・施工監理の『出来』が、建物の品質を決める

8/27の続き。
 公民館はユニバーサルデザイン。設計業者のセンスが問われる♡

 庄内公民館を設計・施工監理した会社の『センス』はどうなんだろう。
とても心配。

それというのも、湯布院の庁舎&公民館を設計しているのが同じ会社だからだ。

 2018/9/5 市民の意見を設計に反映するのが「プロポーザル」 

 昨年秋に、担当の湯布院振興局にCM(コンストラクションマネジメント)を情報提供はしたけど、
由布市はおそらく施工管理も随意契約するんだろう。
温泉館の二の舞にならないでほしい……。

 2018/11/6  コンサル任せで良い建物が作れるか?

 2018/11/7 建築工事の監理は、現場が舞台。設計図面じゃない

そこで、せめてもの予防策を提案💓

建設を請け負った業者だけでなく、設計・施工監理した業者にも共同して瑕疵担保責任をきっちり主張させてもらう」と宣言して、緊張感をもって仕事をしてもらうようにしてほしいな。

 

« 公民館はユニバーサルデザイン。設計業者のセンスが問われる♡ | トップページ | 契約書の瑕疵担保責任、公共建築の場合は? »

提案」カテゴリの記事

「行」政改革」カテゴリの記事

気になる言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 公民館はユニバーサルデザイン。設計業者のセンスが問われる♡ | トップページ | 契約書の瑕疵担保責任、公共建築の場合は? »