« 2019年9月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年10月23日

「経緯はわからない」……意思決定の記録が無いのは無責任の始まり

Yufu市民オンブズマンは、去年の1月と3月、情報非公開に対する審査請求を行った。
審査会が意見陳述会を開いたのは、半年以上経った8月末
また半年かかって2月、やっと答申書が出た。

どっちの請求も、市民サービスに重要な案件の意思決定過程の記録が無い、というもの。

委員3人(分大准教授と弁護士)は、「ないものはないから、非公開決定は正しい」だって。

「当審査会は、実施機関に対し、今後適正な文書の作成および管理を求める」と、一応、請求人が要求した付言は付けてくれた。
  (※ 実施機関って、由布市のこと)

 でも、答申が出てから後のことでも、意思決定の検討記録がないことは、相変わらず多い

今日、ニュースを聞いていて、「由布市とおんなじ!」と思った。

茨城県の那珂川沿いの2つの市で、河川氾濫情報の緊急メールが住民に送られない設定になっていたそうだ。
どちらも、「なぜそうなったのか、経緯は分からない」って。

        下方の≪続きを読む≫をクリック

 記録が無いってことは、「当時の担当者しか知らない」「当人が覚えてなければもう闇の中」
だいいち、担当者が誰の時かもわからない
こういうのって、無責任体質に繋がりやすいよね 💢💧

 

続きを読む "「経緯はわからない」……意思決定の記録が無いのは無責任の始まり" »

2019年10月 4日

職員の負担を増やさずに、コンサル丸投げをやめてみたら……。

一方で、こんな例もある。
  2019/9/26 湯布院の人たちが考える、訪ねてほしいお客さまはどんな人?

 この投稿でリンクしている記事から引用する。

中津川市は2017年に「地域公共交通網形成計画」を市の職員自らが策定した。
通常はコンサルタントに委託することが多く、市職員自らが策定するのは異例だ。
そして同計画を市への移住施策と結びつけ、公共交通に関するさまざまな取り組みを始めた。……』 
     (引用おわり)

 コンサル委託すると、委託額だけでなく、発注事務の職員人件費が結構かかる。
それも考慮すれば、やる気と人手があるなら、市自らがやれば、絶対に中身のある調査ができる。


 公務員は専門性をもってなくて当たり前。
それを素直に認めて対応できるかどうかが分かれ道
 見積もり価格の7~8掛けくらいの予定価格でも業者に利益は出る。
『市民の中のプロ』に、コンサルとの打ち合わせに参加してもらうだけでも、得られる成果がこれまでとは随分変わるに違いない。
「新しい財源‥‥」より、即、成果が出せますよ🎵

 関心・知識・経験・人脈のある住民を募って、有償ボラで手伝ってもらって、コンサルにしかできない専門的な部分だけを外注するのだ。
 地元情報をしっかり踏まえた調査ができ、報告書を政策に移し、評価・改善するところまで、一貫した政策が打てる

 あれもこれも担当して忙しい職員の皆さまのお役に立つ『猫の手』になりたい市民はきっとたくさんいます💕

 

2019年10月 3日

「情報の非対称性」 を前提に、ぼったくられない工夫を♪

昨日の続き
 2019/10/2 誰が言いだそうと、市民のためになることはさっさとやる

30年度の運用状況を見てたら「地域公共交通再編実施計画策定委託料 ほか」に、約770万円も!! 

2カ月前、「情報の非対称性」について書いた。
  2019/8/3 住民サービスの提供は、知識・情報がないと経済的不利益を被る

 「職員に知識がないばっかりに、業者の言うなりの契約をして、投入した税金が住民サービスの質と量に反映されない」のは、業務委託で深刻。

 こないだ公表した水道ビジョンもそのひとつ。
公共交通関係も、国の交付金の段階でぶら下がっているコンサルに、ぼったくられている。

 お役所の調査・報告書の類のコンサルティングは、直接的にかかるのは3割くらいで、
あとの7割は、営業費とか役員報酬とか、会社を維持するための費用らしい。

その分野のNPOに頼めば、少ない予算で中身のある成果が得られる」とは、福祉や環境など、社会的弱者の人権につながる地道な活動をしている人たちの間ではジョーシキ

 問題なのは、委託して報告書を作って、それで終わっちゃって、具体的な政策にならず、『最小の費用で最大の住民の福祉』に繋がらないこと。

合併以来の由布市の実績を振り返ると、なんともお寒い状況……。
「今度こそ!!」なのか、「また……」か。

 

 

2019年10月 2日

誰が言いだそうと、市民のためになることはさっさとやる

由布市公式HPの新着情報に、「みらいふるさと寄附金運用状況」。
これって、ふるさと納税のことよね?
 そこで、右端のふるさと納税のバナーをクリックすると、これがリンクしてないんだな……。
しょうがないから「ふるさと納税」で検索すると
「ホーム>暮らしの情報>まちづくり・地域コミュニティ>由布市みらいふるさと基金制度」

 おいおい❗❗
あっちこっちバラバラ。
統一感ゼロ‥‥。
9/30にUPした運用状況はどこ?
 
実は、由布市は長く「ふるさと納税」という言葉を使わず、「みらいふるさと基金」って名前でやっていた
「利用実績を公開して!」
トップページの目立つ所に『ふるさと納税』のバナーが欲しい!
「『市政10周年』の場所を使ってよ!」と言い続けていた。
そこへ、熊本・大分地震。

  2016/4/25 「ふるさと納税者」の身になってみよう

かなり時間が経って、ようやっとバナーが変更された。

ついでに、すぐ下の「子育て応援情報誌 すくすくマップ」も、
「トップページにバナーを!」とお願いを続けて実現したもの。

子育てママ世代は何事もスマホ。
冊子配布もいいけど、24時間、手軽でわかり易い案内がいいよね。

いつもなら「谷の言うことなんか聞くものか!」なんだけど、
誰が言いだそうと、市民のためになることはさっさとやる(イェィ♪)。

嬉しいじゃない

他の人たちからも同じような要望が出ていて改善されたのなら、もっと嬉しい💕

さらについでに「移住空き家情報」。
以前は、いきなり不動産会社(アットホームと庄内のオアシス不動産だったかな?)にリンクしていた。
電話か窓口で
「どうにかなんないの?」

「特定の業者にリンクはまずいんじゃない?」と聞いたような記憶がある。
今日見たら、自前の情報が増えていた💕



 

« 2019年9月 | トップページ | 2019年12月 »