« 「議事録AI」を導入して、節約した時間で住民サービスの質を高めよう♪ | トップページ | 「タクシー業者等が協力する自家用有償運送」が始まる💙 »

2020年1月 6日

「議事録作成AI 」で労働生産性アップ♪ 仕事の質と量のアップ♡

 庁内に「新財源」を検討する委員会ができたとかで、夏頃、いくつかの窓口で、「節約も新財源よね?」と聞いていた。
なんだか、いつの間にか新財源の委員会は棚上げになってるらしい。

「議事録作成AI 」の導入・保守費用っていくら?
うまく使いこなせたらその効果はいかほど?
手作業の12倍の速さだよ!

確認する時間を差し引いても10倍近い時間が節約できる。

 これを「次の取り組みに生かすような時間」に使えたら、職員を増員したのと同じ。
新財源じゃん

兼務できそうな係で操作を覚えてもらって、録音メディアから文書ファイルに起こす。
各課や議会の担当者が聞き比べて訂正し係に戻す。
修正入力すれば、AIが学習し、議事録が完成する。

 広島市の1/10としても1000時間。125日分。
 1年目は導入費用と相殺しても、2年目からは、テープ起こしの時間を住民サービス向上のために使える

残業に繋がってるなら、人件費の節約効果はさらに大きい。
震災復旧の技術者の住民監査請求したとき調べたら、公務員の残業割り増し率は労基法(民間)より高いのだ!
知らなかったよ!

 

« 「議事録AI」を導入して、節約した時間で住民サービスの質を高めよう♪ | トップページ | 「タクシー業者等が協力する自家用有償運送」が始まる💙 »

「行」政改革」カテゴリの記事

気になる言葉」カテゴリの記事

知恵と工夫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「議事録AI」を導入して、節約した時間で住民サービスの質を高めよう♪ | トップページ | 「タクシー業者等が協力する自家用有償運送」が始まる💙 »