カテゴリー「提案」の投稿

2019年10月 4日

職員の負担を増やさずに、コンサル丸投げをやめてみたら……。

一方で、こんな例もある。
  2019/9/26 湯布院の人たちが考える、訪ねてほしいお客さまはどんな人?

 この投稿でリンクしている記事から引用する。

中津川市は2017年に「地域公共交通網形成計画」を市の職員自らが策定した。
通常はコンサルタントに委託することが多く、市職員自らが策定するのは異例だ。
そして同計画を市への移住施策と結びつけ、公共交通に関するさまざまな取り組みを始めた。……』 
     (引用おわり)

 コンサル委託すると、委託額だけでなく、発注事務の職員人件費が結構かかる。
それも考慮すれば、やる気と人手があるなら、市自らがやれば、絶対に中身のある調査ができる。


 公務員は専門性をもってなくて当たり前。
それを素直に認めて対応できるかどうかが分かれ道
 見積もり価格の7~8掛けくらいの予定価格でも業者に利益は出る。
『市民の中のプロ』に、コンサルとの打ち合わせに参加してもらうだけでも、得られる成果がこれまでとは随分変わるに違いない。
「新しい財源‥‥」より、即、成果が出せますよ🎵

 関心・知識・経験・人脈のある住民を募って、有償ボラで手伝ってもらって、コンサルにしかできない専門的な部分だけを外注するのだ。
 地元情報をしっかり踏まえた調査ができ、報告書を政策に移し、評価・改善するところまで、一貫した政策が打てる

 あれもこれも担当して忙しい職員の皆さまのお役に立つ『猫の手』になりたい市民はきっとたくさんいます💕

 

2019年9月26日

湯布院の人たちが考える、訪ねてほしいお客さまはどんな人?

9/24の続き
 由布院駅前に、バスセンター&立体パーキングはいかが♪

 花ノ木の別の方と立ち話をしてたら、「(駅前でなく)国民宿舎の跡地に大型バスを」という話もあるらしい。
それも有りか❗
 
でも、そうすると、五差路がますます渋滞しそう💧

 友人が訪ねてきたときは、「この人混みも湯布院だから」と湯の坪街道を案内するのだけど、『湯布院』『由布院』を目指してくるお客さんは、何を求めているんだろう?と思う。
 

 私が好きなのは、やっぱり、湯治場だった湯平温泉。
外の資本でにぎわう由布院盆地はどうも好きになれない。

 男池や由布川峡谷、庄内や塚原の農村風景もいいな。
そういうところって、興味を持つのは長期休暇でやってくるヨーロッパ系の人たち。
それも、スーツケースでなく、リュック

こんな記事を見つけちゃった!
中山道がある中津川市の公共交通情報発信の工夫の話。

 東洋経済オンライン   
「外国人客はバスをグーグルマップで検索する
   ~岐阜県・馬籠宿の路線バス調査で見えたこと」


JR中津川駅と馬籠地区を結ぶ馬籠線は観光客の利用が多い。
「欧米・オーストラリア」の観光客が半分を占め、北米を加えると2/3を超える。
欧米の人々は、観光スタイルとして「日本らしさ」を感じられる場所を歩きたいと考える傾向にあるのだそう。
 

由布市や観光関係者はどんな戦略を立てているのかしら?
馬籠宿は、参考にできないかしら?

3年前、フットパスツアーの提案を3回連続で書いた。
こちらからどうぞ。

 2016/7/29  
  フットパスツアーは、地域おこしのチャンス!

 

2019年9月24日

由布院駅前に、バスセンター&立体パーキングはいかが♪

 かれこれ1年以上前、花ノ木トラック市での立ち話。
お相手は……誰だっけ。

 当時は休止中だった湯布院病院のプールの話から始まって、こんなことを聞いた。
「亀の井バスセンターと公民館跡を一緒にして、大きなバスセンターと駐車場にしてはどうかという話がある」と。

 それは面白い!
 でも、地元住民と路線バス・高速バスには便利な形で、駅前に観光のマイカーが集まらないような工夫が必要。


 最近になって、湯布院振興局の複合庁舎担当に聞いたら、そういう話は市役所内では出ていないらしい。
 え!!
 検討くらいしてるのかと思ってた……

 湯布院は高さ規制があるから、何階もある立体駐車場は作れない。
バスセンターの上も使えるのは魅力。

 バス停が乗降別に複数できれば、客も運転手も余裕がもてるし、雨でも困らない。
待合室も広くできる。
みんながWinwinじゃない?

 ユーバスを自家用有償に切り替えた分、亀の井バスには、盆地内循環バスや別府⇔湯布院の路線バス充実を提案したいと考えている。
新しい駅前バスセンター、いいんじゃない💕

 

市長さん、いかが? 

 

2019年9月 3日

複合庁舎の発注者は、現在と未来の納税者。市民の中のプロを活用しよう♪

昨日の続き 契約書の瑕疵担保責任、公共建築の場合は?

 国交省HPの「請負契約とその規律」という資料に発見!
P8~9は、「CM(コンストラクションマネジメント)の概要」だ!

 リスク負担で宿題があるみたいだね。
国交省が積極的に押さない理由のひとつでもあるのかな?

どっちにしても、由布市にCMを求めるのはハードルが高い。

 さて、お役所に、議会だけでなく市民の目が必要なように、建設工事にも発注者(=納税者)の立場のプロの目が必要
施工業者と監理業者とが、なぁなぁにならないとは限らない。
それを未然に防ぐのも、未来も含めた納税者の税金を預かる市長の役目💓

 そこで、提案 💡

 同じコンサルと施工監理も随契するなら、建物の施工監理に詳しい市民を募集して(複数人で交替も)、
職員が現場確認する節目節目の途中の、品質管理のポイントになる工程を写真撮影しておいてもらいませんか?

(臨時雇用者でも個人の委託契約でも、身分はお任せ)

 監理業者とダブルチェックできる。
写真は、後々不具合が出た時の原因究明に役に立つかもしれない。
生コンとかは、水分量や気象条件が仕上がりに影響するそうだけど、簡易なチェック方法があるのかな?

 それよりも、「しっかり施工や監理をしなくっちゃ」って気になってもらうことが大事。
そういう緊張感は、瑕疵担保責任を負う請負業者にとっても、望ましいことだと思う。
もちろん、監理業者との契約にも、共同して責任を分担してもらう内容を追加する。

もしもそれを嫌がるようなら、そんな業者に複合庁舎の建設を任せてはいけない。

2019年9月 2日

契約書の瑕疵担保責任、公共建築の場合は?

 そもそも、瑕疵担保責任(契約不適合責任)って、引き渡しから何年有効なの

 国交省HPに「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の解説がある。

住宅の場合は「構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分について、引渡から10年間」。
民法の特例として強行規定で、特約によって責任を免れることはできない。
 しかも、「契約によって、20年以内に延長することができる」んだって❗

 20年も責任を負うと思うと「しっかり工事しなくっちゃ」って気になるよね
 発注する側も安心が高まる

 だけど、『住宅の・・・』って、契約相手が一般市民の場合なのかな
 同じ『住宅』でも、不動産業者が建てる分譲マンションとかは
 公共の建築物は

 国交省のHPに「請負契約とその規律」という資料が載っている。
4枚目、P3の下方に瑕疵担保責任の項。

 これだけでは、素人にはイマイチよくわからない。
市長さん、研究してくださいな。

 将来の市民の税金を使って建てていることを肝に銘じて、後々、後悔しないで済むようよろしくお願いしますね。

2019年9月 1日

設計・施工監理の『出来』が、建物の品質を決める

8/27の続き。
 公民館はユニバーサルデザイン。設計業者のセンスが問われる♡

 庄内公民館を設計・施工監理した会社の『センス』はどうなんだろう。
とても心配。

それというのも、湯布院の庁舎&公民館を設計しているのが同じ会社だからだ。

 2018/9/5 市民の意見を設計に反映するのが「プロポーザル」 

 昨年秋に、担当の湯布院振興局にCM(コンストラクションマネジメント)を情報提供はしたけど、
由布市はおそらく施工管理も随意契約するんだろう。
温泉館の二の舞にならないでほしい……。

 2018/11/6  コンサル任せで良い建物が作れるか?

 2018/11/7 建築工事の監理は、現場が舞台。設計図面じゃない

そこで、せめてもの予防策を提案💓

建設を請け負った業者だけでなく、設計・施工監理した業者にも共同して瑕疵担保責任をきっちり主張させてもらう」と宣言して、緊張感をもって仕事をしてもらうようにしてほしいな。

 

2019年8月27日

公民館はユニバーサルデザイン。設計業者のセンスが問われる♡

 新築の庄内公民館が不評らしいと聞いていた。
そのひとつが「玄関の扉が(高齢者にとって)重いので、自動ドアにしてほしい」とかで、市が検討しているらしい。

 まだ現地に行ったことがないんだけど、どんなドアなのかな?

 社会教育課長に聞いたら、建設費・維持費の節約のため自動ドアにしなかったそうだ。
賢明な判断だと思う
今は、軽~いドアが開発・販売されているからね。
 

 そもそも、ドアが重くて困っている人を見かけた利用者が手伝ってあげればいいことだ。
自力で開けられない人にはピンポンしてもらって、事務室スタッフが手伝ってあげればいいじゃん?
それで業務に差しつかえるくらい頻繁に利用者が出入りしているとも思えないし……。
「何でもかんでも自動ドア」って思考はいただけない。

 ホントに高齢者・障がい者・子どもたちが重くて開けられないようなドアだとしたら、それは設計ミス(商品選択のミス)なんじゃない? 
 業者の責任でちゃんと対応してもらえばいい。

 
 早速、NET検索してみた。屋内用が多くて屋外用は少ない。
 某シャッター工業に電話してみたら「雨がかからない『ひさし』があれば…」、「現場に合わせて加工も…」とのこと。
それこそプロの役目じゃん♪

 公民館は、ユニバーサルデザインが最も必要な施設のひとつ。
開けられない人が多いんじゃ、設計業者として失格だ。

市民の税金で改修することない❗❗
そのための契約してるんでしょ 
顧問弁護士雇っているんでしょ? って思う。

 

2019年8月26日

「わたり」を続けた後遺症を治療しよう。 まずは類似団体並みに。

 湯布院町の時から、住民の皆さんが「役場は臨時が仕事をしている」と言っているのは聞いていた。
それは、合併しても変わらないみたい。

 正職員も臨時職員も、その人ごとの基準では一所懸命にやっているんだと思う。
でも、基礎自治体の組織としてきちんと効率よく動いているかと言うと、とても機能しているとは思えないことが多いのは誠に残念。

 さてさて、そんな非常勤職員さんの待遇が、来春から新制度に移行する。

  日経の記事は左下の≪続きを読む≫をクリック

 由布市の場合の財源は?
 まず、わたりで引き揚げた職員給与を当たり前の額にして、浮いた予算を非常勤職員の手当に充ててはどう? 

 由布市は、全国でみても最後まで「わたり」を続けてきた。
 高い給与に見合うだけの住民サービスが提供されているのなら文句はないんだけど、不釣り合いを感じている市民は私だけじゃないはず。

 正職員の給与は、類似団体並みでいいんじゃない?

 H30/4のラスパイレス指数は、由布市101.6、類似団体97.7だ。
その差3.9は、一人当たり平均給与が580万円なら、22.6万円だ。
350人分で約7920万円の財源が確保できる。

当面はこれで足りるのかな? 
足りない分は? 
 その前に、繁閑の連携も含めた「事業仕分け」が必要だろうね。

H30/4の由布市の給与・定員管理の状況はこちら。

続きを読む "「わたり」を続けた後遺症を治療しよう。 まずは類似団体並みに。" »

2019年8月25日

「自家用有償運送で公約実現」を市長にお願いしました

8/16、市長・副市長・総合政策課長・バス担当者あてにメールを送ったので、紹介します。
教育委員会は、次長さんから「一般住民との混乗は、総合政策課から話があれば検討する」と伺っています。

(以下、抜粋。趣旨を変えない範囲で書き直してます)

 今年度、幼小スクールを含めた委託費(見積)は1億と100万円に達しました!
運賃収入は、多く見ても700万円。
運休分100万円として、税金支出は9300万円です。

 これらをまとめて、自家用有償運送に切り替え(児童・園児は無料)、利用が見込めるコースを、バス会社・タクシー会社に委託します。
 市町村営でもデマンド運行ができるように制度変更されたので、利用が少ないコースは、原則、デマンド化。(試行を経て、廃止もあり) 

 この過程で、委託単価を【運行実費+適正利益】に見直したり、回送の無駄を減らしたりして、けっこう節約できます。 便利になって利用が増える分、運賃収入も増えます。

 また、「市から委託されて、住民による地区内限定の自家用有償運送を行う」事業を起こし、周辺自治区に募集します。


 こうして、業者委託の増便・新コースと、手を挙げた自治区への委託(保険付き車両の提供など)の費用が捻出できます。


 今年度、湯布院で実験に着手し、来年度に本格運行しましょう。
令和2年度、湯布院の実験を踏まえて、挾間・庄内で実験に着手。
令和3年度当初には、3町で本格運行ができている(最低でも全コース試験運行)ようにできないでしょうか? 
  
 (引用おわり)

 そして、最後に一言、ついに書いちゃいました⤴❗❗

 「次の市長選挙は、いつでしたっけ?」

2019年7月26日

暮らしの足に困っている人は、市長の公約を確認してみませんか?

 昨日の続き。
  公約を確認できるよう、任期中、選挙公報を市のHPに♪

 私は長年、毎日新聞なんだけど、ちゃんと報道されていた。
見逃したのかな? 覚えてない……。

 毎日新聞 2019/6/6
 選挙公報HPから削除 公約、検証できぬ 選挙後、半数の都道府県

記事の内容は、左下方の≪続きを読む≫をクリックしてね

 記事中の『現職と新人の公平性』は、公約を守れない現職議員が喜びそうな削除理由ですね(笑)
 他の選挙と紛らわしいなら、候補者説明会あたりから選挙終了までアクセスできないようにすればいい。

 ちなみに現由布市長の選挙公報はこちら。(90度左に回してください)

ダウンロード - 1710somasikoyaku.pdf

「5つの想い」と「7つの約束」の項目の多くが「誰もが利用しやすいユーバス」に関連してますよ。

続きを読む "暮らしの足に困っている人は、市長の公約を確認してみませんか?" »

より以前の記事一覧