カテゴリー「学び・共育」の投稿

2018年8月 2日

子育て世代が望むのは医療費無料化? 安心できる医療環境では?

 7月18日、大分放送で「激論おおいた生TV~全自治体トップ緊急参戦」という生放送があった。
 動画はこちら。

 3時間もかぁ……。迷ったけど一応録画。
台所に立ちながら再生して聞いた。
画面を見て、うゎ! おじさんばっか!
女性はおろか、中年の男性もいないんじゃない?
(首長も職業。
高年齢者雇用安定法では、55歳以上が「高年齢者」 45~54歳が「中高年齢者」)
 
 テレビで、女性や30代40代の知事や市長を見かけたときは、いつも「羨ましいなぁ」って思ってる。…。
 さて、討論のテーマは子育て。
「高校生まで医療費無料化」は、由布市を含め3市。
 医療費をケチって子どもを医者に診せない親はそうそういないと思う。
 一方で、無料化以前に、経済的に働かなくてはならない親は、簡単に子どもを医者に診せに行けない。

 だから、
子どもや親が行きやすい時に、専門医に診てもらえる医療態勢が大事なのでは?(小児科、小児歯科)  

 
平日放課後は、午後7時くらいまで受付してくれて、土曜日午前中もあると嬉しい。

  例えば、湯布院のH病院には、土曜日に医大から耳鼻咽喉科の先生が来ている。児童・生徒は通いやすい。

 でも、今、湯布院には眼科の専門医の診療日が無い

 こういうことは、民間任せにせず、
市が音頭をとって、医師会やPTAを巻き込んで地域の医療体制を考えてほしい。 
 早い話、「税金のバラまき」感覚では対策ができない。

 
「財政が厳しいから両方は無理。 どっちに税金を使ってほしいか」と聞かれたら、

高校生の医療費助成と、安心できる受診環境と、
子育て世代は、
どっちを選ぶだろう?

 もちろん、医師が働きやすいよう、安易に深夜の受診をしないとか、親も協力しなくちゃね。

2018年7月20日

今年の夏は、クールシェアで、『にぎわい』を♪

昨日の続き。
 温泉館ロビーでクールシェア。水中運動も、子どもたちとの交流も。                 

一時休憩所をどれだけ宣伝してるのか尋ねると、何もしてないらしい
 宣伝しないと設置した甲斐が無いじゃん

「そうですね。市報で……」 
??
それじゃ、お盆前じゃん

しかも自治区に入ってる世帯だけ。
開いて記事を読まないと情報が届かない。
命が危険な暑さは今日明日のことだよ!

防災行政無線やゆふいんラヂオの話をしたら、「担当と話してみます」。

商店の店先に張り紙したり、土曜夜市で宣伝をさせてもらおう。
 エアコンがある自治公民館とかには、電気代を市が負担して開設してもらおう。

大事なことは、知り合い・ご近所が誘い合って利用すること。

 行きたくても自力で行けない人は、だれかが連れて行ってあげること。

顔を合わせておしゃべりし笑うことは、情緒の安定や気分転換にもってこい。

 夏休みだから、高齢者ばかりでなく、子どもたちと過ごせる。
 児童クラブに入ってなくて自宅に取り残されてる子どもたち、一緒に遊ぼう♪ 
 自宅で子育て中のママたちもおいで♪

2018年7月19日

温泉館ロビーでクールシェア。水中運動も、子どもたちとの交流も。

昨日の続き   夏休みの子どもの居場所?                   

市役所に電話してみた。
クールシェアの担当を」というとしばらく待たされて、健康増進課につながった。

市役所や公民館に入り口に「一時休憩所」の案内をしているとのこと。
そういえば、のぼりがあったな。
役場や公民館以外は? 

そうだ
 温泉館のロビーとか無料で入れるよね

涼みに来て「水中運動してみようかな」なら300円。
 わずかだが市の収入UPになるし、リピーターになってくれたら、健康増進課としては願ったり叶ったり
 


 「クールシェアはオープンから17時まで」とか決めて、この間は、トレーニング機器も使えるようにしては?
 「利用料100円」でもいいよ

以前から、「土日や放課後の時間、温泉館ロビーを、『子どもたちも一緒に囲碁将棋』の場にしたら? 『ついでに水中運動』の宣伝になる」と、同課に提案していた。

 夏休みクールシェアなら、ちょうどいいじゃん 

 早く取り掛かってほしいな。

2018年7月18日

 夏休みの子どもの居場所?

校外学習で児童が亡くなる痛ましい事故がおきた。

そういえば、今年、TVで「暑い!」「エアコンを!」という割には、「涼しい公共施設で……」と聞かないなぁ。
 移動する間も危険ってことかしら?

過去、こんなことを書いた。

2014/6/5 学校帰りの子どもたちとクールシェア  

2013/7/16 またひとつ、官民の知恵と工夫で新しいサービス♪  

2012/11/15 楽しく、面白く、儲かって(節約)、わくわく   

湯布院はそんな深刻な気候の地ではないが、それでも今年の昼間は暑い! 

もうすぐ終業式だ。
学校では、子どもたちに何と話すんだろう。

2018年7月 6日

学校・会社が休みの週末こそ、公民館に職員がいてほしい

6月12日の続き
 公民館は社会教育活動の要。 週末も夜も職員が必要。 

土曜日の公民館に交代で職員がいてくれるよう、市長・教育長にお願いしました

(提案書の内容は以下をクリック)
   市長・教育長に提案

同じ内容を6月議会に陳情しました。

賛成してくれた議員さんは、たった一人
他は反対だったそうです

(不採択の理由はこちらをクリック)
 (土日は公民館を閉めてていい理由)

 (土日の公民館主催行事って、年に何回?)

2018年6月26日

市民の自主的な活動を評価しささえる

バスのチラシを作りました 第18版(試作)

「試作」は、平日に大分市の総合福祉会館に用事があったので、ついでに市民活動・ボランティアセンターで印刷するため大慌てで作ったから。

 印刷はA3両面500枚。1原稿100円、11円で、計1200円。
紙代を入れて2000円足らず

 コンビニコピーなら、紙代込みで1万円かかる

湯布院町の時は、紙持ち込みで公民館の輪転機を使わせてくれてた。
「原紙代・インク代は受益者負担でいいから、もっと気軽に使えると助かる人も多いんじゃない」とお願いしてた。

合併したら、「庄内・挾間はやってないから」と湯布院も「お断り」になった
少額のお金のやり取りは集金コストの方が高くつくかもしれないけど、由布市の公民館はもともと施設利用料を扱ってるから、その心配はないと思う。 

いきさつは、 2013/1/25  適正な受益者負担が、市民の活動をささえる

由布市は、自分の管轄外の住民活動は、社会教育活動と考えたくないのかな……

もしかして、こんなことが理由? まさか

2012/3/20  「むずかしい」 「たいへんだ」の中身   

ところで、県の印刷サービスは妥当な値段だと思う。
車で1時間以上かかるけど、由布市民としては助かる。
だけど、土日はやってない。
本当に県民のためにと考えてるなら、せめて土曜日はセンターを空けてほしいな

 交代で一人でいいから。
 込み入った相談はできなくてもいいから。
 

2018年6月12日

公民館は社会教育活動の要。 週末も夜も職員が必要。

 昨日の続き。

市職員・または退職OBがいる公民館は、交代制で、一人でいいから、土日も事務室にいて開館してほしい。
 社会教育に平日も土日もない。
 
会社や学校が休みの時こそ、カギをかけたり警備員任せにしないでほしい。

小売やサービスや医療福祉で働く市民は、週末も夜も働いている。
 市職員も、臨時も、OB職員も、協力し合ってシフトを組めば、各人に大きな負担はないはずだ。

建設中の庄内公民館は4億円から7億円に。
3億円分も「社会教育機能を追加した」からなんだって。 


 だったらなおのこと、夜も土日祝も交代で職員がいて、
立派な公民館の有効活用に知恵を絞って、地域住民の暮らしと文化の質を上げほしい  

 それ以外の公民館は、いきなりそんなのは難しいから、まずは土曜日から   

 それで陳情しました! 市長さんにもお願いしなきゃね。 

予算は、出勤日時を振り替えるだけだから要らない。
 おっと!
 由布市は土日の残業は割増率が高いので、振替もお手当てが出るのかな?

2018年6月11日

職員が交代で出勤し、土曜日の公民館を住民の居場所に

6月議会に陳情しました

「職員が交代で出勤し、土曜日の公民館を住民の居場所によう」という提案です

長くなるけど、そのまま掲載します。

おしまいの 
» 続きを読む  をクリックしてね。

≪陳情の趣旨≫

少子高齢化の昨今、子どもと高齢者への福祉サービスがこれまでにも増して求められ、しかも多様化しています。
  そこで、『公民館職員が交代で土曜日に出勤し、公民館を子どもと住民の居場所にする』ことを提案します。

「一緒に宿題しよう!遊ぼう!」と、小学生にも、部活が無い日の高校生・中学生にも呼びかけます。
  高齢者に、囲碁・将棋や昔の遊びをしながらの見守りボランティアをお願いします。
  一緒にお昼ご飯を作れば、そのまま「子ども食堂」になります。

自治体が住民に与える従来型の福祉は、財政面で難しく、質の面で費用対効果が芳しくないです。

今は福祉も「住民と行政とが協力して、活気のある暮らしを作ろう」という社会参加型の時代です。 だから、……

続きを読む "職員が交代で出勤し、土曜日の公民館を住民の居場所に" »

2017年4月11日

プール再開には、まず市長の意思表明

3/22「何十億円もかかるスポーツ施設が、たった2000万円/年!」の続き                

最近、子どもの頃の生活習慣が将来の成人病につながることが疫学的にも証明されてきている
 肥満傾向の子どもの健康管理にも、小児ぜんそくにも、プールは効果が高い

担当は、子育て支援課教育委員会

続きを読む "プール再開には、まず市長の意思表明" »

2017年3月26日

こども食堂・学習支援は、住民みんなの居場所づくり

 322日、毎日新聞の記事を見て、さっそく市にメールした。

あて先は、市長さま、教育長さま、教育総務課、学校教育課、社会教育課、福祉課、子育て支援課、健康増進課、地域振興課、の皆さま

内容は、こんな感じ。 
なんらかの検討のきっかけになれば嬉しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記事は、大変興味深い調査結果です。
関連して、コミュニティスクールこども食堂と一緒に進めてみてはいかがでしょうか?

支援される方も、支援する方も、住民。
行政の皆さんには、広報手段の協力と、必要な費用や場所の提供、をお願いしたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎日新聞 2017/3/22 

 「学習支援 : 貧困家庭の子ども、自己肯定感高める効果 ~NPO調査」

 自治体などが実施している貧困家庭の子ども向けの学習支援事業について、利用した中学生は友人や大人との関係が良くなる傾向があるとの調査結果を、NPO法人「さいたまユースサポートネット」が21日発表した。

支援には成績の向上だけでなく、社会とのつながりや自己肯定感などを高める効果がうかがえると分析している。

 生活困窮者自立支援法に基づく学習支援事業は昨年度から始まり、今年度は423自治体が実施。
 その成果を厚生労働省の委託で同ネットが昨年11月~今年1月に調べた。
利用した子どもの声を聞いたのは今回が初めて。

 中学生(回答748人)に、支援事業を利用した前後で「とてもよくなった」「よくなった」ことを聞いた。
最多は「友達との仲の良さ」の56%。
「将来の進学見通し」「家での学習習慣」「学校の成績」は各49%、「大人に対する印象」は45%だった。
「自分に対する自信」も32%あった。

 生活保護世帯など貧困世帯の子どもは、自己肯定感の低さや、目標とする大人の存在が周りに少ないことが指摘されているが、分析した山本宏樹・東京電機大助教(教育社会学)は「学習支援が学力だけでなく、社会的信頼の醸成や将来展望の改善、自己肯定感向上など多様な効果を生んでいる」と評価する。

 また、事業を運営する334団体(回答率75%)は、47%が並行して保護者支援にも取り組み、40%が食事の提供もするなど、幅広い支援をしていた。

一方で実施自治体の42%は「学習ボランティアの確保・増員」を課題に挙げた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2017/2/12  コミュニティスクールと児童クラブのコラボ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大分県社協のHP、最新情報を紹介

 20172月 「子どもたちの居場所づくり手引き作成しました」

より以前の記事一覧