カテゴリー「気になる言葉」の投稿

2020年1月 6日

「議事録作成AI 」で労働生産性アップ♪ 仕事の質と量のアップ♡

 庁内に「新財源」を検討する委員会ができたとかで、夏頃、いくつかの窓口で、「節約も新財源よね?」と聞いていた。
なんだか、いつの間にか新財源の委員会は棚上げになってるらしい。

「議事録作成AI 」の導入・保守費用っていくら?
うまく使いこなせたらその効果はいかほど?
手作業の12倍の速さだよ!

確認する時間を差し引いても10倍近い時間が節約できる。

 これを「次の取り組みに生かすような時間」に使えたら、職員を増員したのと同じ。
新財源じゃん

兼務できそうな係で操作を覚えてもらって、録音メディアから文書ファイルに起こす。
各課や議会の担当者が聞き比べて訂正し係に戻す。
修正入力すれば、AIが学習し、議事録が完成する。

 広島市の1/10としても1000時間。125日分。
 1年目は導入費用と相殺しても、2年目からは、テープ起こしの時間を住民サービス向上のために使える

残業に繋がってるなら、人件費の節約効果はさらに大きい。
震災復旧の技術者の住民監査請求したとき調べたら、公務員の残業割り増し率は労基法(民間)より高いのだ!
知らなかったよ!

 

2019年12月 4日

5年前の由布市の財政見込、再来年には基金「0」

昨日の続き
 市長さん、ほんとうに由布市の「財政は大丈夫」?

今年5月、市長に提出した懇談テーマ。

 ① 意思決定過程の記録を残す
 ② 財政はもつのか?(決算カードの指数から)
 ③ 生活インフラより箱モノ優先? 
 ④ 大森先生の講演録を使った勉強、の4点。

 決算カードの指数は、今年の分が掲載された。 
 ②の数字に赤字で追加したのがこちら 
    ダウンロード - 1905sityokondan.pdf

「経常収支比率」は、ぎりぎり現状維持した。

2015年、カンパをいただいて市内全紙に新聞折込をしたことがある。

チラシ(表)はこちら ダウンロード - 150920orikomiomote.pdf 
   (裏)はこちら ダウンロード - 150920orikomiura.pdf

  (A3をA4に縮小してます)

由布市の財政調整基金の残高は、14年度末は33億円。
当時の見込みは、2021年に残高『0』。
18年度末は29億円と見込んでいたが、実際は24億円。
5億円も少なくなった。
今年度中にいくら取り崩し、19年度末残高はいくら? 

杵築市は「19年度末に約20億円(見込)」。
財政規模が違うので、単純に比べられないけど……。

 

2019年12月 3日

市長さん、ほんとうに由布市の「財政は大丈夫」?

昨年9月、Yufu市民オンブズマンで市長に懇談を申し込み、催促を続けて、今年11月、ようやっと実現した。
それも、たった50分❗

市長は「財政は大丈夫」と言っていた。
それから何日もしないうちに、「杵築市が財政再建団体転落の危機」というニュースが!

さっそく両方の決算カードを比べてみた。
  由布市はこちら 

  杵築市はこちら 

杵築市の2018年度の経常収支比率は100・9%。(臨時財政対策債を含めないと 105.7
由布市は、96.4% (同 101.6で、杵築市より4~4.5ポイント低い。


一方、経常収支比率の全国平均はこちら
  〔概況〕の「5.経常収支比率の状況」をクリック

さて、自治体類型は、杵築市は町村の「I-1」、由布市は同「I-2」。
(決算カードの右上に表示されている)

類型「I-1」の平均は86.5%。「I-2」は91.2%。
 (2018年度、減収補塡債特例分・臨時財政対策債を含まず) 

 前年はどちらも84%だった。
経常収支が70%台の市町村はそうたくさんないと思うので、たいていの市町村は平均値に近い数字なんだろう。

 そういう中で、杵築市105.7、由布市101.6。 
……ってことは、由布市は、平均より杵築市にずっと近いじゃないですか❗❗

 市長さん、ほんとに由布市は大丈夫なの?

 杵築市のニュース第一報は ≪続きを読む≫をクリック

 

続きを読む "市長さん、ほんとうに由布市の「財政は大丈夫」?" »

2019年10月23日

「経緯はわからない」……意思決定の記録が無いのは無責任の始まり

Yufu市民オンブズマンは、去年の1月と3月、情報非公開に対する審査請求を行った。
審査会が意見陳述会を開いたのは、半年以上経った8月末
また半年かかって2月、やっと答申書が出た。

どっちの請求も、市民サービスに重要な案件の意思決定過程の記録が無い、というもの。

委員3人(分大准教授と弁護士)は、「ないものはないから、非公開決定は正しい」だって。

「当審査会は、実施機関に対し、今後適正な文書の作成および管理を求める」と、一応、請求人が要求した付言は付けてくれた。
  (※ 実施機関って、由布市のこと)

 でも、答申が出てから後のことでも、意思決定の検討記録がないことは、相変わらず多い

今日、ニュースを聞いていて、「由布市とおんなじ!」と思った。

茨城県の那珂川沿いの2つの市で、河川氾濫情報の緊急メールが住民に送られない設定になっていたそうだ。
どちらも、「なぜそうなったのか、経緯は分からない」って。

        下方の≪続きを読む≫をクリック

 記録が無いってことは、「当時の担当者しか知らない」「当人が覚えてなければもう闇の中」
だいいち、担当者が誰の時かもわからない
こういうのって、無責任体質に繋がりやすいよね 💢💧

 

続きを読む "「経緯はわからない」……意思決定の記録が無いのは無責任の始まり" »

2019年10月 4日

職員の負担を増やさずに、コンサル丸投げをやめてみたら……。

一方で、こんな例もある。
  2019/9/26 湯布院の人たちが考える、訪ねてほしいお客さまはどんな人?

 この投稿でリンクしている記事から引用する。

中津川市は2017年に「地域公共交通網形成計画」を市の職員自らが策定した。
通常はコンサルタントに委託することが多く、市職員自らが策定するのは異例だ。
そして同計画を市への移住施策と結びつけ、公共交通に関するさまざまな取り組みを始めた。……』 
     (引用おわり)

 コンサル委託すると、委託額だけでなく、発注事務の職員人件費が結構かかる。
それも考慮すれば、やる気と人手があるなら、市自らがやれば、絶対に中身のある調査ができる。


 公務員は専門性をもってなくて当たり前。
それを素直に認めて対応できるかどうかが分かれ道
 見積もり価格の7~8掛けくらいの予定価格でも業者に利益は出る。
『市民の中のプロ』に、コンサルとの打ち合わせに参加してもらうだけでも、得られる成果がこれまでとは随分変わるに違いない。
「新しい財源‥‥」より、即、成果が出せますよ🎵

 関心・知識・経験・人脈のある住民を募って、有償ボラで手伝ってもらって、コンサルにしかできない専門的な部分だけを外注するのだ。
 地元情報をしっかり踏まえた調査ができ、報告書を政策に移し、評価・改善するところまで、一貫した政策が打てる

 あれもこれも担当して忙しい職員の皆さまのお役に立つ『猫の手』になりたい市民はきっとたくさんいます💕

 

2019年10月 3日

「情報の非対称性」 を前提に、ぼったくられない工夫を♪

昨日の続き
 2019/10/2 誰が言いだそうと、市民のためになることはさっさとやる

30年度の運用状況を見てたら「地域公共交通再編実施計画策定委託料 ほか」に、約770万円も!! 

2カ月前、「情報の非対称性」について書いた。
  2019/8/3 住民サービスの提供は、知識・情報がないと経済的不利益を被る

 「職員に知識がないばっかりに、業者の言うなりの契約をして、投入した税金が住民サービスの質と量に反映されない」のは、業務委託で深刻。

 こないだ公表した水道ビジョンもそのひとつ。
公共交通関係も、国の交付金の段階でぶら下がっているコンサルに、ぼったくられている。

 お役所の調査・報告書の類のコンサルティングは、直接的にかかるのは3割くらいで、
あとの7割は、営業費とか役員報酬とか、会社を維持するための費用らしい。

その分野のNPOに頼めば、少ない予算で中身のある成果が得られる」とは、福祉や環境など、社会的弱者の人権につながる地道な活動をしている人たちの間ではジョーシキ

 問題なのは、委託して報告書を作って、それで終わっちゃって、具体的な政策にならず、『最小の費用で最大の住民の福祉』に繋がらないこと。

合併以来の由布市の実績を振り返ると、なんともお寒い状況……。
「今度こそ!!」なのか、「また……」か。

 

 

2019年9月15日

複合庁舎の発注者は、現在と未来の納税者。市民の中のプロを活用しよう♪

9/2の続き 契約書の瑕疵担保責任、公共建築の場合は?

国交省HPの「請負契約とその規律」という資料に発見!
P8~9は、「CM(コンストラクションマネジメント)の概要」だ!

リスク負担で宿題があるみたいだね。
国交省が積極的に押さない理由のひとつでもあるのかな?

どっちにしても、由布市にCMを求めるのはハードルが高い。

 CM(コンストラクションマネジメント)は、こちらからどうぞ。
   2018/11/6  コンサル任せで良い建物が作れるか?

さて、お役所に、議会だけでなく市民の目が必要なように、
建設工事にも発注者(=納税者)の立場のプロの目が必要

施工業者と監理業者とが、なぁなぁにならないとは限らない。
それを未然に防ぐのも、未来も含めた納税者の税金を預かる市長の役目

そこで、提案♪
同じコンサルと施工監理も随契するなら、建物の施工監理に詳しい市民を募集して(複数人で交替も)、
職員が現場確認する節目節目の途中の、品質管理のポイントになる工程を写真撮影しておいてもらいませんか?

 (臨時雇用者でも個人の委託契約でも、身分はお任せ)

監理業者とダブルチェックできる。
写真は、後々不具合が出た時の原因究明に役に立つかもしれない。

生コンとかは、水分量や気象条件が仕上がりに影響するそうだけど、簡易なチェック方法があるのかな?
(表面の見た目じゃなくて、強度や耐久性のこと)

 それよりも、「しっかり施工と監理をしなくっちゃ」って気になってもらうことが大事。
そういう緊張感は、瑕疵担保責任を負う業者にとっても、望ましいことだと思う。

もしもそれを嫌がるようなら、そんな業者に複合庁舎の建設を任せてはいけない。
もちろん、監理業者との契約にも、共同して責任を分担してもらう内容を追加しておく。

 

2019年9月 2日

契約書の瑕疵担保責任、公共建築の場合は?

 そもそも、瑕疵担保責任(契約不適合責任)って、引き渡しから何年有効なの

 国交省HPに「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の解説がある。

住宅の場合は「構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分について、引渡から10年間」。
民法の特例として強行規定で、特約によって責任を免れることはできない。
 しかも、「契約によって、20年以内に延長することができる」んだって❗

 20年も責任を負うと思うと「しっかり工事しなくっちゃ」って気になるよね
 発注する側も安心が高まる

 だけど、『住宅の・・・』って、契約相手が一般市民の場合なのかな
 同じ『住宅』でも、不動産業者が建てる分譲マンションとかは
 公共の建築物は

 国交省のHPに「請負契約とその規律」という資料が載っている。
4枚目、P3の下方に瑕疵担保責任の項。

 これだけでは、素人にはイマイチよくわからない。
市長さん、研究してくださいな。

 将来の市民の税金を使って建てていることを肝に銘じて、後々、後悔しないで済むようよろしくお願いしますね。

2019年9月 1日

設計・施工監理の『出来』が、建物の品質を決める

8/27の続き。
 公民館はユニバーサルデザイン。設計業者のセンスが問われる♡

 庄内公民館を設計・施工監理した会社の『センス』はどうなんだろう。
とても心配。

それというのも、湯布院の庁舎&公民館を設計しているのが同じ会社だからだ。

 2018/9/5 市民の意見を設計に反映するのが「プロポーザル」 

 昨年秋に、担当の湯布院振興局にCM(コンストラクションマネジメント)を情報提供はしたけど、
由布市はおそらく施工管理も随意契約するんだろう。
温泉館の二の舞にならないでほしい……。

 2018/11/6  コンサル任せで良い建物が作れるか?

 2018/11/7 建築工事の監理は、現場が舞台。設計図面じゃない

そこで、せめてもの予防策を提案💓

建設を請け負った業者だけでなく、設計・施工監理した業者にも共同して瑕疵担保責任をきっちり主張させてもらう」と宣言して、緊張感をもって仕事をしてもらうようにしてほしいな。

 

2019年8月27日

公民館はユニバーサルデザイン。設計業者のセンスが問われる♡

 新築の庄内公民館が不評らしいと聞いていた。
そのひとつが「玄関の扉が(高齢者にとって)重いので、自動ドアにしてほしい」とかで、市が検討しているらしい。

 まだ現地に行ったことがないんだけど、どんなドアなのかな?

 社会教育課長に聞いたら、建設費・維持費の節約のため自動ドアにしなかったそうだ。
賢明な判断だと思う
今は、軽~いドアが開発・販売されているからね。
 

 そもそも、ドアが重くて困っている人を見かけた利用者が手伝ってあげればいいことだ。
自力で開けられない人にはピンポンしてもらって、事務室スタッフが手伝ってあげればいいじゃん?
それで業務に差しつかえるくらい頻繁に利用者が出入りしているとも思えないし……。
「何でもかんでも自動ドア」って思考はいただけない。

 ホントに高齢者・障がい者・子どもたちが重くて開けられないようなドアだとしたら、それは設計ミス(商品選択のミス)なんじゃない? 
 業者の責任でちゃんと対応してもらえばいい。

 
 早速、NET検索してみた。屋内用が多くて屋外用は少ない。
 某シャッター工業に電話してみたら「雨がかからない『ひさし』があれば…」、「現場に合わせて加工も…」とのこと。
それこそプロの役目じゃん♪

 公民館は、ユニバーサルデザインが最も必要な施設のひとつ。
開けられない人が多いんじゃ、設計業者として失格だ。

市民の税金で改修することない❗❗
そのための契約してるんでしょ 
顧問弁護士雇っているんでしょ? って思う。

 

より以前の記事一覧