カテゴリー「官民協働」の投稿

2019年8月 3日

住民サービスの提供は、知識・情報がないと経済的不利益を被る

「情報の非対称性」って、聞いたことある?

数年前、Eテレの「オイコノミア」という番組を知って、毎週録画して見ていた。
そこでよく出てきた 近代経済学の用語だ。

経済的に効率的な価格や取引量は、一般に「売り手」と「買い手」の間の需要と供給のバランスで決まる。
これに対し、「売り手」と「買い手」の間の専門知識と情報に差がある場合の、その不均等な情報構造を「情報の非対称性」という。

検索すると「情報の非対称性があるとき、一般に市場の失敗が生じパレート効率的な結果が実現できなくなる」だって。

「パレート効率的」⁉⁉
要するに、集団内の誰もが等しく最大の効用を得ている状態のことみたい。

「売り手」のみが専門知識と情報を有し「買い手」はそれを知らない、という場合を「情報の非対称性」という。
この場合、売り手が得をし、買い手が損をして、「パレート効率的」な結果が実現できなくなる。
これを「市場の失敗」というようだ。

 嗜好品の取引はそれでもいいのかもしれないけど、公共の場面では、それは困る。
職員に知識がないばっかりに、業者の言うなりの契約をして、投入した税金が住民サービスの質と量に反映されない……ってことでしょ? 

なんだか、湯布院のユーバス(バス・タクシー)のことみたい?

 だって、1~3年で異動する職員が、異動すぐから専門的知識を持って……なんて無理な話。
そこは、市民の中のプロと手を組んで、知恵を働かせて、WNWINの取引ができるよう業者と交渉したいね。

  

 

2019年7月21日

議会は進化する? 市民参加で政策立案能力アップ♪

昨日の続き。
2019/7/19 交通事業者も『民』 「官民協働の仕組み」で知恵を絞ろう

文中にリンクした総務委員会陳情説明資料の中ほどに、以下のように書いた。

言わずもがなだが、由布市議会基本条例では、
第7条に「請願及び陳情を市民による政策提案と位置付ける……」
第17条に「第7条の規定にのっとり、請願及び陳情の審査を行うにあたっては、それらの市民による政策提案と位置付けるとともに、その審議においては、提案者等の意見を聴く機会を設ける……」
と定めている。
今回、説明の時間はたった10分。
同17条「委員会は……所管する事案等について、市民との意見交換を積極的に行う……」 をどんどん実行していただけるよう望みます。
  (引用おわり)

言ってる市民が誰であろうと、提案の中身で判断していただけると嬉しいのだけど……。

こんなことしてる議会もある。
『市民フリースピーチ制度』(愛知県犬山市)

犬山市の議会事務局に電話してみた。
選挙があって休んでて、今年、9月議会で4回目をやるそうだ。
1・2回目は夜間で、3回目は日曜日だったそうだ。
それもあって、傍聴席が埋まるんだね。

  毎日新聞で紹介されていた(2019/4/19)。
  記事内容は左下の≪続きを読む≫をクリック

 

続きを読む "議会は進化する? 市民参加で政策立案能力アップ♪" »

2019年7月18日

「公共交通専管職員の配置」に代えて「官民協働の仕組み」を

6/30の続き。 自家用有償運送で、通いの場に集まろう♪  

総務委員会の陳情者説明では、こっちが一方的にしゃべっただけで議員から質問は無い。
委員長は「陳情者からの説明の場ですから……」。
まぁ、そうなんだけどね。

「もっと便利なコミュニティバスを考える会」の陳情は、「由布市第2 次総合計画・重点戦略プランに定められた「有償自家用運送」を湯布院で実証実験してください」
  
審査結果はこちら。 (上段)

谷個人の陳情は、「有償自家用運送で、シャトルコースの費用対効果を上げ、沿線住民の暮らしを便利にしてください」 
   
審査結果はこちら。(下段)

審査結果は一字一句同じ。
結果が届いてしばらくして本会議の録画がUPされた。
質問も意見もなしで、すぐ採決。
皆さん、総務委員会の結論に賛成。

7/11、個人として&会の事務局として、市にメールを送った。

「公共交通専管職員の配置」は、第2次総合計画で市が決めたこと。

重点戦略プラン2「みんなで守り育てる公共交通プロジェクト」に書いてあります。

プランに対する谷からのコメントはこちらのPDFの2枚目


以下、メールから引用です。

 「先の総務委員会の陳情審議で、『自家用有償旅客運送については現段階では検証すべき点があり、今後も慎重な調査研究をしていく必要がある』と説明されたそうです。
 検証すべきとされたことを住民と一緒に解決・対応して、少しでも早く、少しでも多く、住民の暮らしが便利になるようにしていただきたいです。
 昨年3月、当会の『公助・共助の移動サービスを、行政と市民とがともに考える仕組みを求めます』という陳情が趣旨採択されています。
 情報交換の場・機会を継続してもっていただけると嬉しいです。
 こうした「仕組み」が「公共交通専管職員の配置」の一部を担えるのではないでしょうか?」

 

2017年12月17日

便利なコミュニティバスが、新しい地域を作る

一昨日の続き 

 「公共交通網形成計画」は、陸海空の路線、貸し切り、地域内交通などを含めた大枠の計画だ。

 旧3町を結び大分市に繋ぐのは、国道210号線とJR久大線がある。
 市は210号線にシャトルバスを走らせているが、利用者は数人。
湯布院では「月1回の医大行きにシャトルバスを使う」という話を聞くので、そういう乗客かな? 
 水中運動教室参加者は片道無料になる水曜日でも十数人。

 こんな状態でJRが並行している長距離を平日毎日2往復も走らせるのは非効率だ。

 コミュニティバスの主な利用者である高齢者の生活圏は旧町内では?
 「町づくりの肝心要」の視野なら、平日毎日、旧3町内をきめ細かく走って最寄りのJR駅で乗り換えるのはどうだろう。

 ただ、経過的に、週23回各1往復くらいは現行コースを残すことも必要だろう。
乗り換えなしで行きたいだろうけど、費用対効果も重要だ。
地方自治法第2条14項。

 コミュニティバスは高齢者のためだけでもない。
元気な世代には、定住・移住促進になる (仕事・学校は大分市、住むのは由布市)

 特に、通学生のための朝便は重要だ。
帰りはばらつくし親が迎えに行きやすいが、忙しい朝は助かる家庭も多いはず。
実際、スクールコースの朝便の乗車率は、帰宅便に比べると高い。

 異業種交流、多職種連携の時代。 
 公共交通も水道もネットワークシステムも、ほとんどの業務が、公務員と業者だけではとっくに手詰まり。

 市民の中の「人財」をうまく使ってくださいな。
 新市長さん♡
    2012/4/21  自分の知らないことを知っている人を知っている

 そうそう。
 挾間の水道がおいしくなったら、「仕事・学校は大分市、住むのは由布市」が増えるのでは? 
 2017/8/8 挟間の上水道。水利権交渉に本気で取り組む人を市長に

2017年12月12日

 「もっと便利なコミュニティバスを考える会」発足♪

2ヵ月半も投稿が滞っていました。
ごめんなさい。

 この間、私にとって大きな出来事は、湯布院町で
「もっと便利なコミュニティバスを考える会」ができたこと
 

 会員は、運転できなくなっても生活の質を大きく落とさず暮らしたいという概ね60歳以上の市民と、現に利用して不便を感じている市民。
 私は、事務局。

「今、頑張らないと、来年度1年間を棒に振る!」と、精力的に話し合っているところです
  さっそく、市HPの「市長と語ろう!」を申し込みました。
 地元紙の記事はこちら。

記事の写真は、新市長と総合政策課長。
後列の二人の他、写っていない
9人。
総勢
13人も集まってくれました

 週明け、事務局から由布市にお礼のメールを送ったので、何回かに分けてご紹介します。

(以下、抜粋。その1)

 当日は、会員の皆さんも私も、びっくりしました。
 でも、当事者・住民の切羽詰まった生の声を聞いていただいて、今後、各課係の事業を考えるうえできっと役に立つと思います。

 生活・社会参加のための移動は、過疎化・高齢化の中で、市役所のほとんどの課係に関わる話かと思いますから。

 今後の国交省の政策の拠り所となる「地域公共交通の活性化及び再生の将来像を考える懇談会の提言」では、
「地域内交通に関しては特に、住民が企画・運営に主体的に参画することが、持続可能性の観点から望ましい」とされています。

  国交省ホーム >政策・仕事 >総合政策 >公共交通政策
>地域公共交通の活性化及び再生の将来像を考える懇談会

 これを機会に、暮らしやすく活気ある由布市になるために、
会のメンバーはじめ多くの市民ともに、
国交省の様々な移動メニュー
近隣市町村・全国各地の取り組みを研究して、
住民の困りごとにこまめに対応するアイデアを出し合って

実証実験・本格実施・拡大をしていけることを願います
   (抜粋その1、以上)

「三人寄れば文殊の知恵」と言う。

 国交省や専門家に「異動が多くて、交通政策は難しい」と言われている地方自治体職員と、地域事情を知らないコンサル の「二人」
じゃ知恵は足りない

まして、由布市は、住民の利便より交通事業者の都合優先が多い

切羽詰まった当事者の住民が加わって「三人」になってこそ、血の通った地域公共交通が可能になる

2017年5月19日

リハビリ&テレワークは、今どきのクアオルト♪

 プールの話をすると、職員から「地域協議会で『市がプール維持は困難』との結論で、病院・機構が閉鎖を決めたから……」と返事が返ってくる 

 「その決定をひっくり返して、閉めないで」なんて言ってない。

市も市民も病院も、ワイワイガヤガヤ話し合って、もっと大きな効果を生む方法で投資して再開させよう」 と提案 しているのだ。

病院にとっても、流水プール再開はリハビリ患者を増やし、経営に役立つに違いない。
病院は市の応援を期待して話を持ち込んできたんじゃないかしら

働き盛りの方が怪我、腰痛悪化、脳卒中などでリハビリしなければならなくなったとする。

 今どきはスマホやパソコンを病院に持ち込んで、必要な連絡は取るだろう。

 仕事の種類によっては、
会社から遠い病院でも、連絡だけでなく、仕事そのものを続けられる。
テレワークだ!
 北九州・福岡・大阪辺りからでも、治療に来ていただいてはどうだろう。

流水プールのリハビリなら入院期間が短縮される」と宣伝しても大丈夫なんじゃない 

HAL足こぎ車いすも導入して、最新のリハビリをアピール

なにしろ、「先進リハビリテーション・ケアセンター」併設なんだから 


   ロボットスーツHALはこちら 

 「HAL 医療用 下肢タイプ」は、神経・筋難病疾患の歩行機能改善に限定だけど、1年前に保険適用になってた。

  足こぎ車いすはこちら。  さらに進化してました


 入院するほどでなければ、病院近くの旅館が格安の長期滞在向きプランをつくったり、年金保養ホームを再開させて
 
『短期集中リハビリ&リフレッシュして、テレワーク』 


まさにクアオルトの湯布院が実現する。

光ケーブルやWifiを整備してテレワーク環境を整えよう。
空家を使った貸別荘、農家民泊、貸間旅館などを使って、仕事もしながら湯治でリフレッシュ出張。
従業員の健康管理と生産性向上を、都会の会社にPRしよう。
これがきっかけで、本格的に出張所を置いてくれたら嬉しいじゃない♪

2017年2月23日

湯布院の活性化、担当は湯布院振興局

旧湯布院町で湯治プランに応募するなら、塚原温泉の硫黄泉も加えよう。

市役所の担当は、湯布院振興局がいい。
観光課、健康増進課、保険課、福祉課、総合政策課、環境課、総務課……いろんな分野に関わっているので、庄内本庁舎のどの課がなっても、きっと中途半端。

もちろん、行政だけじゃなく、観光協会・旅館組合・商工会だけじゃなく、いろんな場面で地元の皆さんの協力が必要。
なかでも、団塊の世代を中心に高齢者世代に活躍してほしい。

湯布院振興局なら、地元の皆さんとの連携もやり易い

湯治プランは競争率高そうだからダメかもしれない。
それでも、合併以来元気のない湯布院の活性化は今がチャンスだと思う


湯布院振興局には、権限も予算も人もつけてね
いずれ元を取ってお釣りが来るから。

ところで、こないだのNHK「ぶらタモリ」は別府温泉。
温泉観光地になったのって昭和からなんだ。
湯平は300年近い伝統のある湯治場。
貸間だってこっちが本家本元だ。


大正時代、
大分⇔小野屋温泉⇔湯平温泉をつなぐ大湯鉄道ができ、JR久大線に繋がった。そういう歴史・伝統も織り込んでほしい。
地域の皆さんとフットパスツアー

2016/7/29  フットパスツアーは、地域おこしのチャンス!


 市内の皆さん、観光客、外国人客のために、ユーバスのコスト見直し・運行再編も必要。

特に、
JR湯平駅⇔湯平温泉の交通が重要。
日帰り客と泊り客は反対方向。
さっそく、週末だけでもテスト運行
しましょう。
ユーバスのことはいっぱい提案してます。

2016/4/13 バス会社に委託して、より安全・安心・便利な運行実験に着手

2017年2月20日

湯無田高原を湯布院の財産にする

 県が市に譲渡した「青年の家」は「ゆふの丘プラザ」として別府大学が指定管理している。
今年
3月の更新でもう止めるらしい。

社会教育課長に聞くと「来年度どうするか、アイデアない?」と逆に聞かれちゃった 

湯布院に帰郷したばかりで役場に行った時、当時の総合政策課で下水道のことを聞かれたのを思い出した

 たまたま開催されていた環境フォーラムに参加したからだろう。

関心を持ってるとわかったら、一介の住民でも気軽に話しかけてくれるから、20年前の湯布院は元気だったのよ
 

え? 今
 
私から由布市への一方通行


 前回の指定管理更新前、当時の社会教育課長さんにずいぶん話して「ほんとにできるならいいアイデアだね」と認めてくれた。

でも、結局前回と同じで、公募はするけどいつもの別府大学
それで、4年が過ぎた。

やっと、もと県立青年の家が湯布院に戻ってくる。

湯無田高原で湯布院活性化のチャンスじゃないの

2019年、ワールドラグビーが大分市でも開催される。
ラグビー人気がでて隣のラグビー場を活かせるといいな。

2015年10月20日

たった2週間の意見募集

たまたま、湯布院振興局窓口で「第二次由布市総合計画のプロポーザル中」と聞いた。

HPをみると、10/5にUPされている。

    「第二次由布市総合計画 基本構想(案)についての市民意見の募集について」

 
 市報の自治区配布は、今月は10日頃。

 締切は1027日だから、配布されてすぐに市報を読んで記事に気づいても、()を入手して読んで意見を書くのに2週間しかない

 もともと、今年4月から地域審議会でも検討する計画だった。
でも、6月頃になっても話が無い。
担当課に聞いたら「作業が遅れている」とのことだった。

 そんなことより、りっぱな「計画書」を作るだけで終わらせないことの方がずっと重要

 事業の目的は、「計画書を作って配る」ことではない。
「計画を実践して、住民の暮らしの質を上げる」ことだ

 合併10年の実績を考えると、相当発想の切り替えをしないとね

    合併9年目の私のとらえ方はこちら

    2014/3/16 
第2次総合計画は、住民が第1次を検証・評価してから 

2014年7月 2日

契約の始まりは「景観・環境の保全及び地域振興に資する企画」

あ~ぁ
「まんまとはめられちゃった」ってこういうことを言うのかしら。

市がファンドクリエーションに共進会跡地を売るらしい。
わざわざ市の方から「契約したメガソーラ以外に使っていいよ」って……。

   地元紙の記事はこちら

2014/6/17  市の意思決定には、住民自治基本条例♪             

 私は、業者は最初からメガソーラーをやるつもりはなくて、機会を見て他のことに使って儲けようと考えてたんだと思う。

 別府と湯布院の中間、温泉、スマートインターという立地。 
ディベロッペーなら何としても手に入れておきたい場所に違いない。

北西向きで、晴天率が低くて、あんなに風当たりが強い斜面で、太陽光発電したって採算が合うわけない。
 今は風力発電の方が買い取り単価が高くなってるけど、デカい風車も塚原にはいらない。

 不動産取引なら、着手金倍返しで契約解除できる。

 高い勉強代だけど、地元住民も市民も、県も、湯布院・塚原を気に入ってくれてる全国の皆さんも、みんな一緒に共進会跡地を活用すれば、由布市の評判は高まるかも

  2013/5/3 市民の財産を守る「責任」             

しつこいけど、最近、家族葬がひろがっていて、樹木葬も注目されている。
手前味噌になりそうだけど、プロポーザル公募の条件「景観・環境の保全及び地域振興に資する企画」として、一つの提案にならないだろうか

 やむなく売り渡すにしても、『使い方は市民(市長や議員ではない)が賛成できるものでないと認めない』という条件を付けて、きっちり守ってもらわなくてはいけない。

 市長さんの政治生命を賭けても。ね♪

  2013/4/24   将来を見据えた市有財産の生かし方

    (このときリンクした募集要項は市のHPから削除されたみたい)

  環境保全、地元の雇用・経済の活性化、庶民でも買えるお墓などと、業者の利益とは両立できると思う。

 CSR
(企業の社会的責任)を果たす経営をめざすとおっしゃっているファンドクリエーショングループさんだもの♪

  2014/2/12       樹木葬は、少子高齢化時代の住民サービス?          

より以前の記事一覧